素材重視で選ぶ

フレームの素材が違えば見た目も変わる

素材重視で機能性メガネを選びたい人は、フレームの素材に注目してみるのがいいでしょう。フレームの素材はプラスチック、樹脂、メタルの3種類のうちのどれかが使用されているケースが多く、どの素材を選択するかによって見た目の印象が変わってきます。 例えばプラスチック素材の中でもセルロイドという素材を使ったフレームは、光沢があって質感も良い商品が多い傾向にあります。高級感のあるメガネを求めている人はセルロイドフレームを選択するのがいいかもしれません。同じプラスチック素材でもアセテートを使っているものは光沢はありませんが、透明感が高いものや鮮やかな発色が特徴の商品が多いでしょう。他にも樹脂素材フレームの場合はカジュアルな見た目になりやすいですし、メタル素材を選べばビジネスでも使えるようなメガネになります。

素材によって耐久性も変わってくる

素材重視でメガネを選ぶ場合には耐久性にも注目しておく方がいいかもしれません。例えばセルロイドフレームはアルコールによる劣化が起きる可能性がありますが、衝撃に強い硬質素材なので落下衝撃には強い傾向にあります。アセテート素材のフレームは柔らかい素材が特徴なので型崩れしやすいのが難点ですが、紫外線での劣化が少ないので外での作業が多い人には向いているメガネだと考えられます。 樹脂素材フレームの中でもポリアミドを使っているものは軽くて柔軟性があるのが特徴です。ポリアミドは人体適合性の高い素材なので肌への負担が少なく、フィットしやすいものが多いのが魅力的なポイントでしょう。メタル素材の中でもチタンフレームは変形に強いという特徴があるので加工は難しいですが、耐久性が高いというメリットがあります。