持ち運びに最適な形状で選ぶ

常に使う方もたまに使う方も

メガネを常に使っている方はもちろんですが、たまに使う方にとっても、どのようなメガネを選ぶのかは重要なポイントとなります。使い方に合った機能的なメガネを選んでいくことが必要です。用途に合わないと使い勝手が悪くなり、結果的に使わなくなってしまうことも多くなります。その際に気を付けておきたいのがどこで利用するかです。家で特に利用することが多いなら問題ありませんが、外に持ち歩いて必要に応じて使う場合、使い心地以外にも気を付けておきたいポイントがあります。それが持ち運びができるかどうかです。大型の物や作りが繊細過ぎるものなどは、持ち運びには向いていないこともあります。このような点を考えて持ち運びやすい機能があるものを選ぶことも大切なポイントです。

形の工夫やケースをチェック

持ち運びをしやすくするためにはまず形の工夫が必要になります。大型のレンズやフレームでは、場所をとってしまい持ち運びにくくなることもあります。スマートな形の物ならケースも小さくて済み、小さなバッグなどにも入りやすくなります。場合によってはペンケースなどにも入る大きさのものもあり、一時的な利用のために念のため持ち歩きたいときなどには邪魔にならずに便利でしょう。素材なども壊れにくいものを選びましょう。いくらケースに入れていてもある程度はメガネが動きますので、繊細なものなどは持ち運びの際に壊れる恐れもあります。ケースで眼鏡をしっかり守れるかも考えて、ケースとの相性もしっかり検討していくことも大切です。