顔の輪郭に合わせてフレームを選ぶ

基本的なメガネの選び方

メガネを選ぶ際には4つのポイントをおさえることが大切です。これらのポイントを知っているだけでん、似合うメガネが見つけやすくなります。

まず、フレームの大きさに注意しましょう。フレームの上下幅は眉からあご先までの長さの3分の1以内がおすすめです。メガネが大きくなりすぎると、かえって顔のバランスを崩してしまうからです。フレームの横幅は顔幅と同程度のものが最適とされています。顔幅より小さなメガネは顔の横幅を大きく見せます。また、横幅が長すぎるフレームは、メガネばかりが主張して野暮ったさを感じさせるので注意しましょう。フレームのリム上部は眉型に沿ったものが顔をきれいにみせます。最後に、レンズ位置と瞳のバランスに気を付けましょう。レンズの中心から1.2mmほど瞳の位置が内側にあるメガネが最適なサイズです。

顔型別で似合うフレームを紹介

フレームの形は基本的に顔型に合わせたものを選ぶとよいとされています。顔型は丸顔・三角顔・面長顔・四角顔の4つに分けるのが一般的です。基本的にメガネは自分の顔型の欠点を補うように選ぶと、似合うフレームが見つかりやすくなります。

丸顔の方は、メガネでシャープな印象を顔に与えるのがおすすめ。スクエアタイプや少し細めのウェリントンなど、直線的なフレームがよいでしょう。三角顔の方はメガネを使って柔らかな印象を与えるとよいでしょう。おすすめは、オーバルタイプやラウンドタイプです。アンダーリムフレームのメガネもよく似合います。面長な方がメガネをかけるなら、立幅が長くクラシックなタイプが最適。ボストンタイプやウェリントンタイプを選んでください。最後に四角型の顔型の方は、大きな丸みを帯びたフレームがよいでしょう。例えば、ラウンドタイプやボストンタイプです。